歯磨きと歯周病

歯周病とは?予防・治療方法は?

歯周病は少し前までは、歯槽膿漏と言っていました。そうです、歯周病と歯槽膿漏は同じ病気です。歯周病は細菌の感染によって引き起される炎症性疾患です。

歯磨きを怠けたり、しっかり磨けていなかったりすると、歯と歯茎の境目に細菌がつきやすくなった歯垢となって残ってしまいます。そしてそこが炎症で赤くなったり、腫れたりします。痛みがないので症状が進んでしまうのが心配です。

進行すると歯と歯茎の境目が深くなります。これを歯周ポケットといいます。
そうなると歯を支える歯槽骨と呼ばれる土台が溶けて歯がぐらぐらしてきて、最後は抜歯をしなければいけなくなります。

これを放っておくと歯周病はどんどん進行して、何本も歯を失うことになります。
高齢になっても自分の歯で食事をすることは、認知症の予防にもなるといいます。なにより美味しい物を食べる楽しみは失いたくないですね。


歯周病の治療について

歯肉が歯に接する付近にできた歯垢の中にいる細菌が原因で歯周病になりますが、歯周病が進むと歯肉が炎症を起こして深い溝のようなものができます。これを歯周ポケットといいますが、放っておくとどんどんポケットが深く大きくなっていき、歯肉が腫れて骨が溶けてしまい、歯は抜けてしまいます。

歯周病の治療は、進行状態によっていくつかの方法があります。


『基本的な治療』
歯周病の進行程度に関わらず、行われる治療として、歯周病の原因である歯垢と歯石を取り除きます。そして通常歯茎に覆われている歯の根の面についている歯石も除去します。これを根面滑沢化とよんでいます。さらにぐらぐらする歯の噛み合わせの調整を行います。

歯垢は歯磨きを毎日ていねいに行うことで除去できますが、間違った歯磨き方法を行っていたり、適当に済ませていたりすると歯磨きだけでは取れなくなってしまうことがあります。

そんな場合は、歯科医院で器械を使って取り除いてもらいます。それをスケーリングといいますが、その時に歯の表面がざらざらしたり、歯石がついていたり、毒素や微生物がついていたらスケーリングと同時に取り除いてもらいます。

この基本的治療でポケットの深さが2?3?程度になって維持できるようであれば、3?6ヶ月ごとの定期健診を続ければよいとされています。この状態を保つためには、毎日の歯磨きを正しく行うことでほとんどの歯垢は取り除けるとされ、歯科医院では正しい歯磨きの方法などの指導を行っています。


『外科治療』
基本治療ではポケットの深さが改善されずに、歯磨きでも除去できない状態や歯周病が進行してしまっている場合は、外科的にポケットの深さを解消させる手術を行います。

歯石がポケットの深いところにはいりこんでいて除去できず、歯周病が治りきっていない場合は、フラップ手術をします。歯ぐきに部分麻酔し、切開して根の面についた歯石を取り除きます。その後きちんと閉じて縫合します。糸は1週間後くらいに抜きます。

また、病状によっては失われた骨を再生させる手術を行うこともあります。
そしてポケットが改善されれば、定期健診で良い状態を保つようにします。


『ブラッシング』
歯磨きは、自分の歯並びや歯の形に合ったブラシで正しく磨かなければ歯垢は取り除けません。時間をかけているから完ぺきに磨けているはず、高額な歯磨き剤を使っているから大丈夫と思い込んでいる方も多いようです。歯磨き剤の爽やかな味が口の中をスッキリさせてくれるので、きれいに磨けていると思い込んでいることもあります。

歯ブラシや歯磨き剤を正しく選び、正しく磨くことが歯周病から大切な歯を守ることができます。



>>トップページへ戻る

? ?