自宅で歯を白くする

使い道の多い「重曹」は歯を白くするのにも使える?



重曹での歯磨きは、歯を白くしたり虫歯を防いだり口臭を予防する働きがあります。重曹とは、ベーキングソーダのことをいい、研磨作用があります。そのため、歯の表面を綺麗にして、汚れを落とす効果があります。


また、ベーキングソーダは弱アルカリ性なので、酸性度よ高い歯垢を落とすのにはとても効果的です。また、市販のホワイトニング歯みがき粉とちがい、誤って誤飲してしまっても人体に影響はありません。


天然素材でできた、ホワイトニング用の歯みがき粉のようなものです。ベーキングソーダは食品用を必ず選んでください。お掃除用と工業用があるので、お掃除用や工業用はいけません。


飲み込んでも特にこれといって人体に影響はないベーキングソーダですが、注意点があります。掃除用と工業用があるということのほかに、ベーキングソーダはとても塩分が高いです。


そのため、塩分が制限されている人は使用することはできません。そして、もうひとつ注意しないといけないことは、ベーキングソーダの研磨効果です。


ベーキングソーダは非常に研磨効果が高いものです。そのため、磨きすぎてしまうと歯の表面を傷つけてしまうことになります。


歯だけではなく、歯茎や口腔内の粘膜も傷つけてしまうことがあるので、磨きすぎは要注意です。また、歯ブラシも毛先が細く柔らかいものをオススメします。


歯に優しく当てて時間をかけてゆっくりと磨くと効果があります。また、ベーキングソーダのペーストの作り方は、大さじ一杯の重曹に水を加えます。水の量は少し固めのペーストになるように、水の量を調節してください。


少し固めにする理由は、磨くときに唾液が合わさるためです。歯を磨くときには、作ったペーストを指でとって着色汚れが気になるところに優しく塗ります。


この状態で5分間パックをしてあげて、汚れを浮かせます。時間がたったら、毛先が細く柔らかいブラシで優しくブラッシングをしたら終わりです。重曹で簡単ホワイトニングの出来上がりになります。



>>トップページへ戻る

? ?