自宅で歯を白くする

歯のホワイトニングに市販のオキシドールが使用できる?



オキシドールが歯のホワイトニングに使えると、一部で話題になった理由は、オキシドールに過酸化水素が僅かに含まれているためです。過酸化水素というのは歯のホワイトニングに使われている成分で、低いものでも10%程度の濃度の過酸化水素が利用されています。


しかし市販されているオキシドールには、3%前後の過酸化水素しか配合されていないために、オキシドールを使って歯を白くするのは少しばかり難しいです。ホワイトニングに使われる高濃度の過酸化水素となると、30%以上もの濃度を持っているために、比べ物ににならないほどの効果の違いが出てしまいます。


それでもオキシドールを使って、歯のホワイトニングを行おうとする人は依然に少なくありません。自分もオキシドールだけで手軽に歯を白く出来ないか試したいと考える人は、まずオキシドールを使いすぎた時の副作用について勉強をしてみましょう。


口臭や虫歯の予防に使われるオキシドールですが、使いすぎると口内の粘膜を傷付けてしまい、細胞にダメージを与える事になりかねません。歯のホワイトニングのためだからといって、オキシドールを塗布したまま口内で放置していると、歯茎にもダメージが行く可能性に気を付けてください。


オキシドールは口内の細菌バランスを崩さないように作られているのですが、ホワイトニング目的で使っていると、口内に必要な細菌が減少してしまう場合もあります。それによって口臭が余計に起きるようになったり、舌の粘膜が傷付く事によって、味覚がおかしくなってしまう可能性に注意しましょう。


もしオキシドールを使った歯のホワイトニングを続けるのであれば、歯にだけオキシドールを塗布するように工夫をしてみてください。そうする事で歯茎や口内の粘膜に与えるダメージを減らす事もできます。市販されている製品だからこそ、ホワイトニング効果が得られるか試しやすいというのはメリットの一つだと考える人も多いです。



>>トップページへ戻る

? ?