自宅で歯を白くする

歯を白くする「ガム」や「テープ」とは?ホントに白くなる?



歯は食べ物を噛む時や、体に大きな力を入れる時などに役立つと共に、その人の見た目の印象に大きく影響するパーツでもあります。もちろん見た目だけがその人の価値を決めるものではないのは当たり前なのですが、内面を知ってもらう機会のない人からの印象を良くするためには、白くてきれいな歯であることは大きく役に立つものです。


ただ審美歯科に行ってホワイトニングやクリーニングを受けるという方法は、高い効果があってもお金や時間に余裕がないとなかなか実践できないため、より手軽にできる方法を求める人は多いでしょう。


特に仕事場や通勤の途中など、屋外で手が空いた時間に簡単にできる方法があれば、忙しい人にはとてもありがたいいものになります。そういった方法として、最近大きな話題になっているのが歯を白くするガムです。


ガムと言えばむしろ歯に悪いものというイメージが強いため、歯を白くするガムなんて本当にあるのかと疑問を抱く人もいるかも知れませんが、実際に販売されています。そもそも歯が汚れる大きな原因としては、ステインと呼ばれる着色汚れが大きいのですが、それは色の付いた食べ物やタバコのヤニなど、普段の生活の中で知らないうちに蓄積してしまっているものです。


歯を白くするガムはそのステインの除去に効果があるため、ただそれを噛んでいるだけで白くてきれいな状態になることが期待できます。その効果は歯を白くするガムに含まれる、メタリン酸ナトリウムという成分によるものです。メタリン酸ナトリウムには歯の表面とステインとの間に入り込んで、それを浮かび上がらせて取れやすくする働きがあるのです。


また歯を白くするガムには、口の中の状態を整える働きがある唾液を出させることにより、すでに付いてしまったステインを取り除くだけではなく、新しく付いてしまうことを予防することも期待できます。


ただこの歯を白くするガムでは、汚れがあまりにひどくなってしまっている場合には大きな改善効果は望めないため、場合によっては歯科医院に行くことが適切だと言えるでしょう。


歯を白くする「テープ」とは?



歯を白くするテープと聞いても、日本の方々はどういったものか想像が付かない事も多いですが、アメリカなど海外での知名度は十割に近いです。それは日本ではホワイトニング用のテープが市販されていなかったためで、スポーツ選手などの有名人が使う事によって、日本でも知名度が上がってきました。ただ歯に貼るだけでホワイトニング効果を得られるという、その手軽さで話題になっただけでなく、色が透明で目立ちにくい製品が多いところも注目されている理由です。


テープがしっかりと歯に貼り付いてくれるために、ホワイトニング効果のある薬剤が口の中に広がらず、苦味などを感じにくいところも喜ばれています。鏡を見ながら歯に貼り付けるだけで良いので、歯科医などの補助を受けなくても、自分一人で手軽にホワイトニングを行う事が可能です。


歯を白くするテープを使用する前に、歯磨きを使って十分に口内を綺麗にしなくても、テープを使って大丈夫だという手軽さも話題となりました。口内を綺麗にするために歯磨き粉を使うよりも、水だけでブラッシングを行った方が薬の効果を浸透させやすくなります。


薬剤などの検査も厳しいアメリカでも人気の高い製品だからこそ、身体に対する安全面で歯を白くするテープは信頼度は大きいです。しかし身体には安全だからといって使用法には注意が必要で、テープを歯茎に密着させ続けていると、人によっては歯茎がダメージを負う事もあります。


歯を白くするテープを貼り付けた直後は、ホワイトニング効果が得られる代わりに、歯に色合いが付着しやすくなるという点にも注意が必要です。テープを貼り付けてから1日から2日ほどは、コーヒーや紅茶などの歯に色が付きやすい飲食物は、なるべく避けるようにしましょう。


歯並びが悪いという人は、テープに切れ目を入れてから貼り付けるようにしなければ、上手くテープが密着してくれない場合もあります。テープが歯に密着している状態でなければ、薬剤が上手く歯に浸透してくれないので気を付けてください。




>>トップページへ戻る

? ?