自宅で歯を白くする

歯の着色汚れを白くできる消しゴムとは?注意事項は?



毎日の食事や生活習慣で歯は着色汚れが生じます。これはしっかりと歯磨きをしている方でも起こることなので、誰しもが経験することです。しかし、積み重なってくると目立ってしまうこともあります。


特に前歯などは人の目に触れることも多いので、あまりにも色が付いた歯は目立って印象にも関係しています。そんな時に少しでも歯を白くできる、自分で使えるアイテムが役立ちます。


その1つが歯の消しゴムです。その名の通り歯を消しゴムでこすっていくと、だんだんと着色汚れが薄くなって白い歯を取り戻せるというものです。


削った歯だけが白くなるので、とりあえず目立つ前歯だけでもというような使い方もできるのが手軽で人気があります。この歯の消しゴムは主にシリコンゴムと研磨剤が含まれています。


歯を擦るときのクッションとなるシリコンゴムが含まれていますので、使ううちに減っていきます。ですので、ある程度減ってきたら新品と交換するというのもわかりやすいです。


通常、着色汚れは擦ると消えたり、かなり薄くなりますので、その特徴をうまく利用した商品です。軽く擦ることを繰り返すことで、歯の表面の汚れを取ることができます。


ただ、注意したいのが力を入れすぎたり、擦りすぎたりすることです。歯の表面のエナメル質まで削ってしまうと、知覚過敏になったり、虫歯になりやすくなります。


また、誤って歯茎まで擦ってしまうと、歯茎も粘膜の一種なのですぐに傷ついて炎症を起こしたり、歯周ポケットを広げることにもなります。


そのため、あくまでも軽く擦るだけで、力を入れないようにすることが重要です。かえって歯の質を悪化させてしまいます。歯の消しゴム自体に危険な成分は含まれていませんので口の中に使っても安全性に問題はありません。


また、1回の使用で劇的に白くなる訳ではなく、徐々に薄くなるので即効性はありませんので、歯科でのクリーニングのほかに補助的に使うのが良いかもしれません。ただ、自宅で手軽にできるので、日々のケアに加えてみると良いでしょう。




>>トップページへ戻る

? ?