自宅で歯を白くする

歯への着色予防に効果的な食材とは?



いつの間にか歯の色が黄色くなっていたり、茶色くなっているのは、多くがステインによるものです。こうした歯への着色を予防できる食べ物を知り、歯を守る対策を行いましょう。毎日何を食べるかで、人間の将来の健康は決まるように、歯の表面の色にも影響を与えることになります。


歯の色素沈着を落とすことができれば、歯の色を変色させることを予防することにもなります。食べのものとしては、ひじきやごぼうを食事のメニューに加えて、食べるようにしましょう。根菜類のごぼうにも、海藻類のひじきにも、豊富な食物繊維が含まれています。この食物繊維の含有量が多いというのがポイントであり、よく噛んで食べるようにします。


食物繊維には豊富な繊維質がありますので、よくかんで食べることで歯の掃除になります。歯の表面に張り付いた歯垢などを、食物繊維が抑制する働きがあります。だから結果的に、歯の表面に色素が着色をするのを、積極的に防ぐことにもなります。


普段から意識をしなければ、あまり海藻類さえ食べることも少ないでしょうし、ひじきも頻繁に食卓に登場をするメニューでもありません。でも歯のためにひじきを食べようとすると、実は歯のためだけではなく、かなりの優秀な栄養素で健康を助けてくれることがわかります。


ひじきにはカルシウムが豊富ですが、牛乳と比べたら約12倍もあります。女子は貧血が多いですが、ひじきを食べれば鉄分の摂取にもなります。100gあたりの、ひじきの鉄分の量は55gなので、鶏レバーよりも6倍も多いです。


それに非記事はかなりの低カロリーなので、ダイエットをしていても、安心をして食べることができます。缶s脳ひじきを5g食べると、たったの7キロカロリーです。だから美容とダイエットに意識が高い女子にも、向いている海藻類の一つです。


ごぼうは言わずと知れた、食物繊維が豊富な食材なので、便通も良くなりますし、日頃から食べるといい食材です。



>>トップページへ戻る

? ?