自宅で歯を白くする

歯の裏側が茶色くなってしまう原因と改善方法



普段歯を綺麗に維持するためにも、食後の歯磨きは欠かさないという方も増えてきていますが、実際に歯を磨く際には歯の表面に付いてしまいがちな汚れや、歯の間を意識してブラッシングを行うクセが付いている方が大半だとされています。しかし歯の間や表面だけを重点的にブラッシングしていると歯の裏側のお手入れを疎かにしてしまう恐れがあるため、歯の裏側に茶色に変色してしまう恐れが出てきます。


歯の裏側に付いてしまう茶色の汚れは、色素汚れと言われておりタバコを定期的に吸う方やコーヒー、紅茶、ワインなどを毎日飲む習慣がある方程汚れが目立つようになってしまいます。


歯の裏側は自分では直接見ることが出来ない部位なのでどうしても歯磨きをする際にブラッシングを忘れてしまう事が多いですが、この部分もしっかり磨かないと色素汚れや歯垢などが蓄積して歯石が出来てしまったり、歯の黄ばみの原因となってしまうので歯磨きをする際には意識を持ってケアをする事をおすすめします。


最近では電動歯ブラシの種類も豊富になってきており、自宅でも色素汚れの原因となるプラークを除去してくれる電動歯ブラシなども多く販売されていますので、自宅でもしっかり歯のホワイトニングケアを行う事が出来るようになっていますし、ワンランク上のホワイトニングケアをしたいのであれば専用の歯磨き粉も一緒に利用すると歯の色素汚れも綺麗に除去することが出来るようになり便利です。


一度茶色や黒い色素汚れが付いてしまうと自分で綺麗にすることはまず不可能だといわれていますので、普段通っている歯科クリニックに相談することをお勧めします。歯医者では歯に負担をかけずに色素汚れを落としてくれる施術を行ってくれるので、セルフケアで無理に力を入れて歯を磨いてしまい歯を痛めるよりも審美歯科などでホワイトニングケアを受ける事で短時間で元の自然な白い歯を手に入れることが出来るようになりますので、利用者が増えてきています。"



>>トップページへ戻る

? ?