歯医者で歯を白くする

歯に付着した茶色くて汚い「タバコのヤニ」を取り除くには?



習慣的にタバコを吸っていると、歯にヤニが付着し、見た目を損なってしまいます。歯が黄ばんで見えると、なんとなくだらしない印象を与えてしまいますから、できるだけ白く綺麗な歯を保ちたいものです。


歯を白くする方法として、まず最初に挙げられるのが、専用の歯磨き粉を使用することでしょう。タバコのヤニの除去に特化した歯磨き粉なども販売されていますから、そうした製品でケアをしていくことで、いくらか黄ばみを解消できるといわれています。


また、より効果が高いといわれているのが、重曹を使用したヤニ取り方法です。重曹を水で固めに溶いておき、歯の表面に塗ってしばらく待つことで、ヤニの除去が期待できます。一つ注意しておきたいのが、重曹には食用とそうでないものがある、という点です。口の中に入れるわけですから、重曹で歯のケアをするのなら、食用のものを使用しましょう。


もっとも効果が得られるとされているのが、歯科クリニックなどで受けられる歯のホワイトニング施術です。ホワイトニング施術は、専用の薬液やレーザーなどによって行われます。歯科クリニックで受けるオフィスタイプのホワイトニングであれば、即効性も高く早く白い歯になれる、といわれています。


また、ホワイトニング施術を受けなくても、歯のクリーニングをしてもらうだけで、ある程度まで歯を白くするすることが可能です。費用的には、ホワイトニング施術よりも安価となりますし、汚れを取り除くことで、虫歯予防の効果も得られます。


より完璧に近い仕上がりを求めるのであれば、セラミック製のカバーを表面に貼り付けるという方法もあります。セラミックは丈夫で美しい素材であり、自然な白い歯と同じような見た目に、仕上げることが可能とされています。


ホワイトニングやセラミック施術は、すべての歯科医院で取り扱われている、というわけではありませんから、クリニックで施術を受ける場合は、事前に確認をとっておきましょう。




>>トップページへ戻る

? ?