歯医者で歯を白くする

変色した差し歯や神経のない歯を白くすることはできる?


歯が折れてしまったり、虫歯治療などを行っている状況次第では、該当する歯を差し歯にしてしまうことがあります。差し歯の場合では、本人の歯の根本部分を残したままの状態で施術する方法になり、入れ歯などとは異なり、


単独として施術することができるので、大きな問題に発展してしまうことが少ない治療方法としても知られています。


しかし、保険治療などで治療を行った差し歯に関しては、一般的にはメタルボンドなどを利用した治療方法になり、金属を利用していることが特徴です。金属は非常に丈夫な素材で作られているので、欠けてしまったり、割れてしまうことが少ないものと考えられています。


このようなメリットを持つ差し歯ですが、治療後に数年間が経過してしまった場合では、変色を起こしてしまうことがあります。生活習慣によっても異なる場合があり、飲み物や食べ物、喫煙状況でも変わる内容ですが、色が変わってしまった差し歯に関しては、白さを取り戻すことに非常に苦労されている方も存在しています。


差し歯を白くする方法としては、歯科クリニックなどでは、歯の内部から漂白する技術が用意されているので、気になっている方ならば、利用してみることもおすすめです。


しかし、あまりに変色してしまった歯に関しては、新しく作り直す方法も用意されているので、古くなってしまった状態の歯であれば、作り変えを行う方法で再び綺麗に施すことができます。


人によっては歯の全体をホワイトニングする方も存在しています。この場合では差し歯だけが色が異なってしまうことも珍しいことではなく、本物の歯とは使い勝手が異なってしまうことがあります。


このような環境にある方の場合では、やはり差し歯を作り直す方法が効果的になり、その際にはオールセラミックを利用した場合では、非常に自然な白さを保つことができ、裏側に金属などを用いていない方法なので、透明感も同時に得ることができます。前歯の場合ではラミネートベニヤを活用してみることもおすすめの方法です。


神経がなくなった歯の場合は?



歯に関しては歯磨きを小まめに行って注意をしていても、自然と虫歯などができてしまうことが多く、実際に多くの方々が虫歯治療の経験を持っていることも事実です。虫歯の治療を行うような場面では、歯の神経を抜く作業を必要としてしまうこともあり、治療内容によっては欠かすことのできない作業としても知られています。


このような神経のない歯の場合では、後に黒ずみが発生してしまうことが多く、黄ばみなどを含めて周囲の歯と比較した場合でも、明らかに色が異なる状態に陥ってしまうことがあります。


黒ずんだ神経のない歯を白くする方法としては、歯磨きをいくら行っても基本は対処することができません。


審美歯科やサロンなどを利用してホワイトニングの施術を受ける方法もありますが、神経のない歯を白くする方法としては、歯の表面ではなく、内側から変色を起こしている場合が殆どなので、通常のホワイトニングの方法でも対応が難しいものとされています。


しかし。改善策はいくつも用意されていて、最も簡単に歯を白くする方法では、専用のマニキュアを利用する方法があります。高機能なタイプでは2年間程度の効果を保てるものも存在しているので、簡易的に白くすることを希望している方にとっては好都合なアイテムになります。


次にブリーチを行う方法が用意されています。神経を抜く際に施術を行った詰め物などを取り外して、歯の内部からホワイトニングを行う方法があります。この方法であれば、内側から綺麗な白色に戻せる可能性が高いので、本来の歯をそのまま残して施術を行いたい方ならば、向いている方法として挙げることができます。


歯の加工を可能としている方ならば、ラミネートベニヤを活用する方法があり、歯の表面を削り取って、新しい白色のベニヤを貼る方法で、解決させることができます。また、差し歯に設定を行うことも不可能ではなく、セラミックなどを活用した施術方法であれば、美しい白色を長期間にわたって保つことに最適な方法として挙げられます。




>>トップページへ戻る

? ?