歯医者で歯を白くする

審美歯科で行える「ラミネートべニア」とは?



主に審美歯科などで利用できる施術の方法としてラミネートべニアと呼ばれているものがあります。その施術内容に関しては、歯のホワイトニングを目的にしているものですが、一般的ホワイトニングとして本人の歯を直接的に溶剤などを使って綺麗に施す方法ではなく、歯の表面を薄く削り取って、その部分に対してラミネートべニアを貼り付けていく方法です。


この方法であれば、どのような歯でも外から見える表面の部分に対しては、十分な白さを実現することができ、白さの具合に関しても調整することができるので、非常に便利な審美歯科の方法として用いられています。


ラミネートべニアに向いている方の場合では、歯の黄ばみなどが気になっている方が対象とされていて、本人の本来の歯よりも白さを保つことができるので、テレビで観ることのできる芸能人のように美しい状態を作り上げることに向いている方法です。


また、施術に関しては比較的短期間にて行うことができるので、何度も施術に通ったり、メンテナンスを小まめに行うことに無理を感じてしまっている方にも向いているものになります。若干の歯並びの悪さが気になっている方にも向いている傾向にあります。


例えば隙間のできた歯の状態になっている方や、歯の向きなどが曲がっている方、歯の形状が美しくない方であっても、少しであればラミネートべニアで矯正することができるので、白さだけではなく、形状などが気になっている方にとっても向いている治療方法です。ラミネートべニアは歯の表面を削って施術する方法なので、削ることに問題を感じない方にも向いている施術方法です。


一般的にはラミネートべニアの方法では、セラミックという非常に丈夫な素材を使っており、自然な歯の白さを保ちながら、一定以上の耐久性を兼ね備えているものになるので、多くの方にご利用いただける内容を持つこともメリットです。セラミックの場合では、着色しにくい素材でもあるので、長期間にわたって綺麗な歯を保つことにも適しています。




>>トップページへ戻る

? ?