歯医者で歯を白くする

オフィスホワイトニングとホームホワイトニングの違いとは?



オフィスホワイトニングは、デンタルクリニックで歯科医や衛生歯科助手などにより、プロの歯のホワイトニングケアを受けることができる、歯科治療の一つです。歯科治療といっても、疾患を抱える歯を治療するのではなく、健康な歯に対しての、美容面での治療になります。


歯の美容のケアにも関心があり、口元の歯の白さを維持したい人で、すぐに歯を白くしたい人にも、とても向いている治療方法です。口元のエチケットとして、歯の白さを維持することは、社会的な評価にも関わることもありますので、きちんとしている人は定期的なオフィスホワイトニングが、歯の白さをキープできるために向いています。


すぐに白い歯を叶えるオフィスホワイトニングにも、自分で気をつけていかないといけないことがあります。歯科医院での治療になりますので、オフィスホワイトニングをしている時には、専用機器を利用するので、舌や頬はあまり動かさにようにしましょう。気にはなると思いますが、専用のホワイトニングのジェルには、あまり触れないようにしたほうがいいです。口の中で使用しても安全ではありますが、それでも一首の漂白剤並みの成分なので、不要に触れないことです。専用機器の光を利用しますが、気になったとしても、光を直接見ようとはしないことです。


オフィスホワイトニングには、ある程度の痛みが伴います。感じ方としては、広それぞれにはなってきますが、もしも痛みが強すぎる時には、施術者に伝えたほうがいいです。口を開けての治療をしているので、片手を挙げて合図をしましょう。治療をしている人がいつ右側だと危ないので、左の手をスッと上げるといいです。


1回の治療を受けたあとには白くはなるものの、たった1度だけの治療だと、歯に茶色や黄色の色はつきやすいです。そのため、歯医者さんに3回くらい通って、治療を重ねておいたほうが白さを長続きやすくなります。


感覚としてはおよそ、2週間から4週間くらいに1回で歯医者さんに予約を取り、病院でのホワイトニング治療を受けておくといいでしょう


ホームホワイトニングについて



ホームホワイトニングの効果は、オフィスホワイトニングと比べたら、非常にマイルドなものです。オフィスホワイトニングは、その日のうちに劇的な白さを体感するのに比べて、ホームホワイトニングは、毎日やってじょじょに歯の表面を白く変えていきます。知覚過敏や痛みについては、薬剤自体がしみるタイプなので、感じることはあります。


過酸化水素の薬剤を使用しているために、ホワイトニングでしみると感じやすいのです。オキシドールの原料にもなっているのが、過酸化水素です。元はといえば、強い漂白パワーと殺菌作用があります。


ホームホワイトニングが必ずしも、知覚過敏などの痛みを起こすことはないのですが、口腔内の健康状態が良くない場合は、痛みを感じやすくなります。ホームホワイトニングは、家庭で自分でできる歯のケアとして、簡単であり自分のスケジュールに合わせることができます。


ですが、知覚過敏や痛みを考えたら、必ずやっておきべきなのは、ホワイトニングの前に、虫歯を治療しておくことです。ホワイトニングをしていて、最もしみると感じるのは、お口の中の虫歯だからです。


虫歯があるとホワイトニングをして痛いと感じやすいのは、オキシドールを傷口に塗るようなものであり、その痛みが継続をするからです。ですから、イメージ的にも痛いのがわかりますし、実際に痛いので虫歯のあるまま行うのは向いていません。最初に歯医者さんで虫歯治療を完了させてから、自宅でのホワイトニングをしていく必要があります。


しみないホワイトニングを行うためにも、普段の歯磨きにも気をつけましょう。研磨剤が歯磨き粉には含まれていますが、白い歯のために歯の表面を削ることで、歯を白くするために含まれます。


繰り返すと象牙質が露出をしますので、痛みを感じやすくなります。歯磨き粉には、研磨剤ふしようなタイプを選ぶことです。ホワイトニングで痛みを感じないためにも、歯磨き粉選びにも慎重になりましょう。




>>トップページへ戻る

? ?