歯医者で歯を白くする

PMTC(歯のクリーニング)とは?着色汚れ除去にも効果あり?



毎日きちんと歯を磨いていても、歯の表面にはバイオフィルムと呼ばれる菌の塊ができます。バイオフィルムがあると、虫歯予防のために使用される薬剤の効果が薄れるため、口腔環境を整えるためには、取り除く必要があります。このバイオフィルムを除去するためには、プロの手によるクリーニングが有効です。


プロの手による歯のクリーニングは、PMTCと呼ばれています。これは、Professional Mechanical Tooth Cleaningの略で、歯科衛生士が専用の機器を使用して行う歯の清掃のことを意味します。PMTCを受けることで、自宅でケアできない歯の汚れもきれいに除去し、口腔環境を整えます。PMTCで得られる効果は以下のようなものがあります。


まず、心地よい刺激を与えながら清掃するので、清掃後は口の中がすっきりとした爽快感を感じます。ざらついていた歯の汚れをきれいに取り除くので、クリーニング後はツルツルになり、歯の輝きが取り戻されます。


PMTCでは、自宅での歯磨きだけでは取り除くことができない歯垢を取り除き、歯垢が付きにくくなるようにフッ素で仕上げます。フッ素には、すでに発生している虫歯の進行を食い止めたり、新たな虫歯ができないようにする他、歯質を強くする効果もあります。そして、歯周ポケット内の根の部分もクリーニングの対象になるので、歯周病予防にもなります。


さらに、色の濃いものを日常的に食べている人やスモーカーの人は、歯の着色が目立ちます。PMTCには、ステイン除去も含まれているので、治療後は歯に白さがよみがえります。PMTCは基本的には自由診療です。そのため、歯科医院によって料金は異なりますが、相場は1時間で6000円から10000円くらいです。


ただし、歯周病の治療の一環として行われる場合は、保険が適用されることがあり、この場合は1回3000円くらいで受けることができます。保険が適用されなくても、医療費控除の申請には含むことができるため、控除を受ける可能性のある人は、領収書は保管しておきましょう。




>>トップページへ戻る

? ?