歯を白くする方法といえば、歯医者さんで行うホワイトニングが一般的ですが、最近では、自宅で簡単に歯のホワイトニングができる、 歯を白くする効果がある歯磨き粉の知名度・人気度が上がってきているようです。

美容歯科でやるホワイトニングよりもはるかに安く、自宅で気軽に歯のホワイトニングをすることができます。 以下に口コミでの評判も良い商品を厳選していますので、参考にしてみてください。

厚生労働省認定の医薬部外品。

ポリアスパラギン酸・ビタミンC+リンゴ酸・GTOなど、歯を白くしながら健康な歯を目指せる有効成分が配合されています。

「歯が本来持つ白さが戻ってきた。」「歯が白くなって気持ちまで明るくなってきた。」「刺激が少なくピリピリすることもない。」など嬉しい口コミ多数あり。

歯を傷つけることのないホワイトニング成分が汚れのみを浮かせて、はがして、落としてくれます。健康的な白い歯を目指しましょう♪

 

 


くみっきーもオススメの自宅で簡単ホワイトニング。

アットコスメの口コミランキング「歯磨き粉部門」で1位を獲得した実績あり。製薬会社が開発し、薬用成分IPMPを配合。

3つのホワイトニング成分を配合したトリプルホワイトニング製法。自宅でブラッシングするだけで輝きのある白い歯へと導いてくれます。

美容歯科では歯のホワイトニングは高額になってしまいますが、それと同等の効果を自宅にいながら数日間で目指すことができます。

 

 


美白成分・歯周病予防成分を同時配合。

歯の黄ばみ・口臭・歯周病などが気になるという方におすすめの薬用ホワイトニング歯磨き剤。歯を健康的に、そして白く導くために、9つの有効成分が惜しむことなく配合されています。

歯磨き剤を変えれば周囲の自分を見る目も変わっちゃう?あの人との近くでの会話にも自信が持てるようになります。

今なら定期コースのお申込みで音波電動歯ブラシのプレゼント付き。

 

 


歯を白くしてくれる歯磨き粉がある?




歯を白くする歯磨き粉で歯磨きをすることによって、葉にはホワイトニング効果が期待できるものなのでしょうか。 市販されている歯を白くする歯磨き粉は、研磨剤が含まれています。過酸化水素の入ったタイプは、歯を白くするという宣伝文句でアピールがされていますが、 これは歯の表面を削る成分ですので、磨き過ぎは知覚過敏を引き起こすことにもなりますので、注意をする必要はあります。

歯磨き粉に含まれているのは、ごく少量の量の配合であり、漂白の作用としても限定的なものです。歯は力強く磨けばいいというものではなく、 正しいブラッシングができてこそ、白く丈夫な歯を維持することになります。

ホワイトニング効果をもたらす歯磨き粉は、配合成分としても強いものを含みます。 歯を白くするという宣伝に踊らされますが、研磨剤成分による効果であり、手放しで歯の健康を維持できるとは限りません。 研磨剤は歯磨きで使用しすぎた時に、思わぬ歯のトラブルを招きやすいからです。 張り切って磨きすぎたら、歯の大切なエナメル質まで削りますし、支えている歯茎へのダメージにもなります。 歯茎に大きな負担を与え続けてしまうと、今度は歯の知覚過敏を招いてしまうことになります。

歯を白くするという宣伝文句の歯磨き粉を、ホワイトニングケアで使用するのであれば、気をつけながら使うことです。 歯磨きをするときには、既に研磨剤を含みますので、磨き方では力を入れすぎないことです。 歯ブラシの毛先にもタイプがありますので、硬いものではなく、柔らかいタイプの歯ブラシを使用したほうが、無駄に力を入れ内で済みます。

ホワイトニングの歯磨き粉は、歯への負担も考えると、本来は毎日使うのは控えたほうがいい商品です。 研磨剤で毎日磨くと、歯の表面は削られすぎて、痛みや色などの問題が発生をすることがあります。 ですから、歯を白くする歯磨き粉を手に入れたら、週に1回だけのスペシャルな歯のケアとして、間隔をあけてブラッシングするといいです。"

自宅で歯を白くするやり方×3




歯のホワイトニングは歯医者さんで痛い思いをしないとできないと思っている人は多いのではないでしょうか。 しかし、実は自宅で手軽に歯を白くすることができる方法があるんです。

1:ホワイトニング専用の歯磨き粉を使う
日本ではあまり見かけませんが、ホワイトニングがポピュラーな欧米では自宅でできる専用の歯磨き粉が開発されているんです。 この商品を使えば、3000円以内に費用を抑えることができます。 しかし、一回で効果が出るわけではないので、継続して使用する必要があります。

2:ペンで塗る
パッと聞いた感じだとおそろしいものを想像しますが、きちんと認可を得ている「ホワイトニングペン」というものを使えば、安全に白い歯を作ることができます。 しかし、これは完全に白くできるものではなく、また商品によって効果がまちまちなので注意してください。 最近だと日本でも見かけるようになりましたが、海外の製品は今のところ認可されていないので、個人で仕入れる必要があります。 その場合、届いた商品の情報はきちんと読むようにしましょう。

3:重曹を使う
重曹は研磨作用があり、歯に付いた汚れを削り落としてくれる効果があります。使用方法は、重曹を入れた水で口をゆすぐか、歯ブラシに付けて磨くことです。 しかし、重曹でホワイトニングする際は使用する量には十分に注意する必要があります。重曹の研磨作用は金属の錆びつきを落とせるほど強力です。 そのため、使いすぎると必要以上に歯を傷つけてしまい逆効果になる恐れがあるので気をつけましょう。

ホワイトニング費用は、歯科医院にかかると、歯の本数によっても違いますがおよそ50000円くらいはします。決して安い金額ではありません。 しかし、それだけ短期間で安全に歯を白くできます。一方、自宅での方法は長期間継続しなければならず、完全に白くすることができないというように、 安くできる故のデメリットもあります。どちらの方法でホワイトニングするかは、ご自身の判断で選んでください。"

歯の黄ばみの原因と改善の方法について




歯が白くてきれいだと、それだけで実年齢よりも若く見られることがあります。 洋画を見るとわかるように、ハリウッド映画に出てくる俳優やセレブたちの歯はどれも真っ白でとてもきれいです。 日本においても歯の黄ばみを気にする人が増加しており、様々な対策をすることで黄ばみを防いだり、改善することができます。

まず、歯の黄ばみの原因は何なのであるかについて見ていきましょう。主な原因は食べ物や飲み物による着色汚れが考えられます。 またタバコのヤニが原因となることもよく知られています。コーヒーや紅茶、コーラ、赤ワインといった飲み物や、カレーや醤油やソースを使った色の濃い食べ物や飲み物は着色しやすいと言われています。 これらの食べ物や飲み物を食べた後にそれがすぐに歯に着色するのではなく、日々の汚れが長年積み重なることによって黄ばみとなり着色します。

そのため、日々のオーラルケアをしっかりすることで着色をある程度落とし、予防と改善をすることが可能です。 まずは色の濃い食べ物や飲み物を飲んだら、すぐに口を水ですすぐようにしましょう。歯磨きも効果的ですが、磨きすぎは歯や歯茎にとって負担となり、 歯のエナメル質を傷つけることで逆に黄ばみが悪化してしまうことがあります。とりあえず水ですすぎ、朝、昼、夜などの決まった歯磨きタイムにしっかり汚れを落とすようにします。

また着色汚れを落とすことに特化した歯磨き粉やホワイトニング効果がある歯磨き粉があるため、普段からこういったものを取り入れても良いでしょう。 さらにしっかりと歯の汚れを取りたい場合は、歯医者で歯のクリーニングをしましょう。専用の機械を使ってしっかり汚れを落とすことができるため、 ちょっとした着色汚れやヤニによる汚れはこれだけでも効果があります。さらに白くしたい場合はホワイトニングがおすすめです。

ホワイトニングには自宅で行うホームホワイトニングと歯医者で行うオフィスホワイトニングがあります。 ただしホワイトニングはテトラサイクリンが原因となっている黄ばみには効果がないため、 歯科医に相談の上、自分の歯に効果があるのか事前に確認するようにしましょう。

? ?